ご当地キャラの中に紛れ込んでも違和感がなさそうな東方キャラといえば